こんにちは。

昨日

「たるみ予防の変顔トレーニング!」

と思ってお風呂で力いっぱい変顔エクササイズしたら今日首筋痛い・・・。

顔も筋肉で構成されているので、筋肉が衰えれば

リフトアップ効果のある化粧品を使おうと

 

たるむものはたるむ!!

 

リフトアップ化粧品は、潤いを与えてハリをアップすることでシワやたるみを目立たなくしているだけなので。

顔の血行を良くしても、顔の筋肉をほぐしてコリを緩和しようとも

筋肉が低下すれば、たるむ!しわになる!!

 

あ、しわで思い出した。

しわの原因で乾燥がありますが、自ら乾燥肌になろうとしている方が結構いらっしゃいます。

昨日来店されたお客様、クラーレで扱っているMIREYのクレンジングを使っているのですが

(向かって右がMIREYのクレンジング。アイメイクやリップなど濃いめの所はポイントメイクリムーバーを使う事をお勧めします♡)

 

「買う時に美容液成分がほとんどだから、人によってはヌルヌル感が残る感じがありますとは聞いていたけど、私、さっぱりした感じが好きだから、あのクレンジングだと洗い上がりがさっぱりしなくて、本当に大丈夫か不安になるのよね。」

 

という正直なご感想をいただきました。

余程厚塗りメイクをしていない限りはMIREYのクレンジングで十分落ちます!

 

この方は60代なのですが、20~30年くらい前までの洗顔料の主流って

さっぱり

キュッとした洗い上がり

が多かったんですよね。その頃

ピーリング

もドラッグストアで沢山売られるようになった気がします。

 

しかし、「さっぱり・キュッとした洗い上がり」は必要な皮脂まで奪ってしまっているんじゃないかと言われるようになり、今は

低刺激

必要な皮脂を残す

美容液で洗う

というものが増えました。

 

長年「さっぱり・キュッと」に慣れてきた人からすれば「必要な皮脂を残す・美容液で洗う」は当然

「洗えてるの?お化粧落ちてるの??」

と感じるような感覚だと思います(;^ω^) 例えしっかりメイクオフされていても感覚的にそう思ってしまうんでしょうね。

 

実はこのお客様、過去に何度かMIREYのクレンジングを使っているのですが、いつも1本使っては

「なんだかねぇ・・・私はさっぱり感が好きだから・・・。」

と言ってさっぱり系のクレンジングや洗顔料に戻ってしまいます。そしてまた

「乾燥のせいかカサカサして・・・粉吹いてたり、シワが深くなった感じがする。」

と(;´・ω・)

MIREYの時は「さっぱりしない」とは言いつつも「乾燥する、カサカサする」という肌状態の話はあまり聞きませんから乾燥の原因はやはり

強すぎるクレンジングや洗顔料

だと思うんですけどね。

ちゃんとお肌にとってどちらが良いか結果は歴然なのに

直後の使用感

にとらわれているんですね。

 

CMやドラッグストアの店頭サンプルでは、「直後の使用感を実感してください」ってスタンスだけど

「潤いリング」とか

「モチモチ感」とか。

でも、化粧品ってこまめに塗り続けてるわけじゃないし、重要なのは

化粧品をつけた直後の状態じゃなくて、

メイク時とか、日中の肌状態だよね。

 

使用感を追求して乾燥肌に自らなろうとするのって、ちょっと違いますよね。

お客様もそう言われてハッ!としてました。

 

私と同年代から上の年齢の方って、若い頃は「さっぱり・キュッと使用感」が主流だった頃が長いので、使用感で化粧品を選んでいるならぜひ一度見直してみて下さいね~(‘ω’)ノ

 

 

❖友達申請 大歓迎です❖

【Facebook  佐野実穂】

メッセージも一緒に送っていただけるとありがたいです。

 

❖ブログ村ランキング参加中❖

にほんブログ村 健康ブログ リンパマッサージへ
にほんブログ村

 

❖LINE@ やってます❖
↓↓↓LINE登録でお問合せ、予約が簡単に。

友だち追加

 

投稿者プロフィール

curare
curare
柔道整復師資格取得
骨格や筋肉の付き方を考慮しながらラジオ波や高濃度酸素オイルを活用して、しなやかで健康的な美ボディ&美肌を徹底サポートします!