月別アーカイブ: 2015年1月

太ってないのにダイエットしたいと思っている人へ

健康的な日常生活を送りたい

こんにちは。   このブログでもダイエット関連の記事を書いたりしていますが、最近太っていないのに「太っている」「痩せたい」という願望が強い方が多い気がします。   そして、痩せている人ほど「もっと痩せたい。」と言ったりします。 でも、そこで質問です。 痩せている=良い事 ですか? 痩せていることのデメリットって認識していますか? 痩せている、痩せすぎていると 筋肉量が少ない 筋肉量が少ないと代謝が落ちる 代謝が落ちることで免疫力低下や冷え症になりやすい 肌荒れしやすい 筋肉量が少ないと、肌や身体もたるみやすい 将来、骨粗鬆症になりやすい などのデメリットがあります。   よく、「痩せている方がきれいな服が似合うから。」という声も聞かれますが、 綺麗な服が似合うのは、メリハリのある健康的な身体です。痩せた身体ではありません。 モデルさんは細身の方が多いですが、ただ痩せているだけではなく、きちんと筋力トレーニングなどをして身体にメリハリを作っています。   もともと標準体型、もしくは痩せているのに、さらに体重を落としたり痩せたりすると、 貧相な身体 になるだけです。   今、「痩せたい」「ダイエットしたい」と思っている方、 なぜ痩せたいですか? 思い描いている理想の身体はただ痩せれば手に入るものですか? 痩せる=綺麗になる という考え方してませんか?   綺麗な身体=健康的な身体 だと私は思います。なぜ、痩せたいのか理由を一度じっくり考えてみてはどうでしょうか。     ご予約はこちら [contact-form-7 id="48" title="予約フォーム"]続きを読む

ネトルのチンキ

健康的な日常生活を送りたい

こんにちは。   昨日のブログで花粉症予防にネトルをオススメしました。   「花粉症は改善したいけど、ハーブティーをわざわざ淹れるのが面倒くさい・・・。」   そんな人にはコレ!! ネトルチンキ★ ネトルのハーブをホワイトリカーに2週間ほど漬け込んで、ネトルの成分を抽出したものです。 これを飲み物などに数滴落として飲むと、ネトルの成分も取れて、花粉症予防に繋がります。   作り方は簡単♪ ネトルのハーブをジャムなどの空き瓶に入れ、そのハーブが浸るくらいホワイトリカーを注ぐ。 蓋をして、瓶をひっくり返すようにしてゆっくり混ぜます。(激しくシャカシャカ振らないでください) 約2週間、1日1回はその瓶をひっくり返すように混ぜて下さい。 2週間後、ガーゼなどで濾したものを、1滴ずつ出る瓶に移し替えます。   このようにチンキにすると、 持ち運びが出来るから、外出先でも気軽にネトルの成分が取れる。 ネトルティーを毎回入れなくても良い。 アルコールベースなので、保存がきく。(チンキを飲み物に入れすぎると、アルコールも強くなるので、お酒に弱い方は入れすぎないようにして下さい。) などのメリットがいっぱいあります。   是非、試してみてくださいね(^v^) ご予約はこちら [contact-form-7 id="48" title="予約フォーム"]続きを読む

今からする花粉症予防

健康的な日常生活を送りたい

こんにちは。    今日は久しぶりに1日中雨らしいですね。静岡以外の所では荒れるそうで・・・外出時は気を付けて下さいね。  気がつけば1月半ば。この間まではお正月だと思ってましたが、早いものですね。  この時期はインフルエンザの注意喚起がよく出ますが、もっと先を見越して今日は花粉症予防のお話★   花粉症は2月3月が辛い時期ですよね。マスクやメガネ、花粉症の薬などが手放せません。 実は、ハーブの中にも花粉症に効果が期待できるものがあります。 それは、ネトル! ネトルには「ヒスタミン」という成分が含まれており、抗アレルギー作用があるため、花粉症の体質改善にも効果的だと言われています。ネトルは普通にハーブティーとして飲んだり、最近はサプリメントも売っているようです。 ネトルティーは花粉症の症状が始まってから飲むのではなく、症状が出る1~2カ月前から飲むと、個人差はありますが、花粉症の症状が少しは抑えられることがあるとか。 ネトルティーは花粉症の症状を抑えるというよりも、花粉症の体質を変えていくという根本的なことに働きかけるハーブです。花粉症の体質そのものを変えて、少しでも楽になりたいという方は、ネトルティーを試してみてはいかがでしょう?   ご予約はこちら [contact-form-7 id="48" title="予約フォーム"]続きを読む

アロマリンパ120分 大好評★

お客様との会話

こんにちは。   先月から 「アロマリンパ120分コース」 を1月末までの期間限定メニューとしてやっているのですが・・・ 反響がすごいです! 1月に入ってから、新規・既存問わず、ほとんどのお客様が120分コースをチョイス★ 日によっては、朝から120分コースのお客様が3名くらい入って、気付けば夕方。外真っ暗。   120分も時間があるので、施術もゆっくりじっくり各箇所に時間をかけて丁寧にやってます。 そういえば知ってますか? リンパの流れるスピードって30秒で12cmって言われてるんですよ。 とてもゆっくり流れているんです。なので、施術もリンパを速く流すのではなく、本来の速さで滞りなく流れるようにゆっくりとした施術をしています。   お客様に120分コースを選んだ理由を聞いてみたら 「どうせやってもらうなら、時間をかけてしっかりやってもらいたいし、時間が短いとリラックスしきれないって思うから。」 という理由がほとんど。 身体をほぐすだけじゃなく、リラクゼーションのためにはある程度時間は必要なようです。   この先も120分コースの予約はチラホラ入っているので、120分のニーズは高いようです。 120分コース通常メニュー入りも検討します :-)  ご予約はこちら [contact-form-7 id="48" title="予約フォーム"]    続きを読む

少しでも介護が必要じゃなくなるように

介護・福祉

こんにちは。 先日、要介護2の認定を受けているお客様が来店されました。(詳しくはアメブロの記事:要介護2のお客様 初リンパドレナージュ) そして昨日は、その時に付き添いで来ていた娘さんが自身のリンパのご予約で来店。お話は専らお母さんの介護や体の状態について。 やはり気になっているのは、お母さんの体力や身体機能の低下、気持ちの低下。 お客さんに聞かれて、家での体力維持、向上のためのトレーニングのアドバイスはいくつかしましたが、とにかく気持ちが落ちているようなので、トレーニングも大事ですがそれ以上に大事なのが、気持ちが前向きになるような声掛けや接し方ですとお伝えしました。 以前私もデイサービスに勤務していたので、様々な介護を見てたので、機能低下した方にリハビリや運動を促すのは大変な時があることは知っています。 その人の性格にもよりますが、介護認定を受けると、「人の世話なしに生活できないなんて、情けない・・・。」「歩く、座る、トイレへ行くといった日常動作が自分でできなくなってしまった・・・。」と少なからずショックを受けます。 「じゃあ、少しでも自分で動けるようになろう。身体を動かす練習をしよう。」 と前向きになればいいのですが、 「私はこのままどんどん悪くなっていくんだ・・・。」 とマイナスの感情を持ち続けると、余裕がなくなり、例えば主治医の先生が 「このまま、お家に引きこもった生活していると、身体が動かなくなって寝たきりになっちゃいますよ。」 と「引きこもりにならないで」と言った主旨の発言をしても、言われた本人は 「近い将来、私は寝たきりになるんだ。」 と自分にとって良くない言葉ばかりが頭に残り、そう思い込んでしまう方がいらっしゃいます。 この思い込みが、運動やリハビリをやろうという気持ちを妨げてしまいます。 そのうち、日常動作で本当は出来ることも「出来ない」と思い込みやらなくなり、状態は悪循環。 この状態に対して、無理やりリハビリや運動を勧めても 「出来ない。出来ないからやりたくない。」 と言われるだけです。なので、運動やリハビリを勧める前に どうしてできないと思うのか なぜ、リハビリや運動がイヤなのか リハビリ以外に日常生活でもストレスに感じていることはあるのか もし、運動で回復するとしたら、どこまで回復すればいいなあと思うか 回復したらやりたいことはないか など、聞いてみてください。 身体が思うように動かなくなって、一番不安を感じているのは本人です。その不安を一つずつ取り除いていくことで安心してリハビリや運動に取り組み、前向きになれるんじゃないかなと思います。 ご予約はこちら [contact-form-7 id="48" title="予約フォーム"]  続きを読む

冷え症の種類(循環不良型冷え症)

冷え症に悩む方へ

こんにちは。   今回は 循環不良型冷え症   この冷え症はズバリ「貧血」や「低血圧」が原因。貧血や低血圧により、体の隅々まで酸素や栄養が運ばれにくくなるため、各組織の代謝が悪くなり熱を産生しづらくなって冷えを感じている状態です。   対策   鉄分をしっかり摂る 過剰なダイエットなどによる食事制限をしない 水分をしっかり摂ってドロドロの血液にならないようにする。                                 など   また、貧血の症状を感じた時は、病院へ行ってしっかり検査してもらいましょう★ ご予約はこちら [contact-form-7 id="48" title="予約フォーム"]続きを読む