くらーれ★ぶろぐ

若気のいたり

こんにちは。

若気のいたりってあります?

お客様とそんな話をしてたんですけどね。

私の「若気のいたり」がお客様の

どツボにはまってさあ大変

だったのですよ。

あまりにもどツボにはまったもんだから

そんなに面白いかな・・・?と思ってブログに書くことにしました。

この話は私がコ〇ミのインストラクターを辞めた後の話。

コ〇ミ時代にタイでタイ古式マッサージを習ったので、それを活かせるリラクゼーションサロンで働きたいと思ってた頃の話です。

整体、ボディケア、リフレクソロジーなどリラクゼーション系のスタッフ募集を日々探しておりました。

リラクゼーション系って結構

完全歩合制が多い。

時給制もあるけど時給は安いんですよ。

完全歩合制って予約が入れば60分1,000~2,000円くらいになったりするんですが、予約がなきゃ¥0。

自分にお客様がついていない業界入りたての人間に完全歩合制はかなりキツイ。

募集要項に「未経験者大歓迎」なんて書いてありますけど

だから。

完全歩合制の歩合率聞いて、皮算用して夢膨らませても

その夢弾けるから。

かといって時給制のサロンの時給は¥800くらいで研修期間は¥700台だったり。

正社員雇用ありの所があって、それ見たら、東京研修3ヶ月必須なんて書いてある。

正社員は魅力的だけど、この募集毎週毎月見てる・・・。

大体、年中正社員雇用ありの募集掲げてるところなんてね

中途採用を入れても入れても人が辞めてしまうブラック企業なんですよ。

(経験あり)

そんな風にスタッフ募集を見てると

「時給1,200円~2,400円」

お・・・

おおおおおお!!!!??

歩合制並みの

時給がもらえるんですか???

しかも

「時給+歩合給」

さらに歩合給が上乗せされるんですか!?

良いんですか???

いやいやこの時給、いかがわしいお店じゃない?

業務内容は??

「オイルトリートメントやリンパドレナージュ施術のお仕事。

トリートメント技術も習得できちゃう。

健全、安全なお店ですのでご安心ください★」

え?いいじゃんいいじゃん♡

ってか、今思えば

いかがわしいお店が新規スタッフを募集する時の常套句だっつってね。

高時給で怪しまなきゃいけないところだっつってね。

でも、お金に釣られて募集に応募しちゃったわけですよ。

It’s若気のいたり。

そのサロンは雑居ビルの4階。

1階の階段脇には4階のサロンの立て看板。

看板にはオイルトリートメントを受けるお姉さんの写真。

見た目的にはいかがわしさはない。

サロンに入って

「すみません・・・今日スタッフ募集の面接に来た佐野ですけれども・・・。」

と声をかけると

THE・エステティシャン!!

な雰囲気のキレイなお姉さんに事務所(?)的な部屋に案内されました。

サロンも白を基調としたきれいな内装。

で、まず履歴書を渡すと

「では、これに記入をお願いします。」

とアンケート用紙みたいなものを渡されました。

アンケートの内容は

「何年くらいここで働きたいですか?」

「家族と同居ですか?一人暮らしですか?」

「月、最低いくらのお給料が欲しいですか?」

「叶えたい夢はありますか?」

「その夢は何をしても叶えたい!と思っていますか?」

みたいなね。

なんか・・・違和感ありましたよ。

今見たら怪しさプンプンだわ。

で、いよいよ面接開始。

「当店はオイルトリートメントを主にサービスするサロンで、男性も女性もお客様はいらっしゃるんですが、8割くらいが男性のお客様ですね。男性のお客様の施術は抵抗ありませんか?」

(普通の施術なら)そこは別に抵抗は・・・ないですね。

「(書いたアンケート見て)月最低でも20万は欲しいと。控えめですね(笑)。うちで働いている女の子は50万とか中には100万稼ぎたい!って子も結構いるんですよ。」

もうね、この時に気付くべきだったのよ。

キャバ嬢でもないのに普通のサロン勤務でいきなり月100万はないでしょ。

「夢は・・・ああ、柔道整復師?の専門学校に来年から通うんですね。それの学費を稼ぎたいですか。うんうん。学費って結構かかりますもんね。学校に通うって分かってるんだったら何が何でもお金は稼がなきゃですね!」

面接の内容がね、業務内容や勤務体系の話はあんまりないのよ。

「お金欲しいよね!」

「お金稼がなきゃだよね!」

「お金稼ぐためには手段は選んでられないよね!!?」

みたいな方向に話が向かうんですよ。

なにこの逃げ場塞いでやるみたいな雰囲気。

業務内容に関しては

「まあ、うちは特殊な技術があってそれがウリなんですよ。その特殊技術の施術が他にはないから特に男性のお客様は当サロンに来店されるんです。

もちろん、その技術は研修できっちり習得してもらいますから安心してくださいね(*^^*)」

みたいな感じでさらっと終わってました。

なんとなーーーくアンケート記入の時点で違和感を感じていたので

(まあ、合否は後日だろうから取りあえず今日は話だけ聞いて帰ろ。)

と思ってました。

そしたら

「ユニフォームはMサイズで大丈夫ですかね?」

はひ??

「佐野さん、インストラクターやってただけあってスタイル良いし(←当時は)ハキハキしてるし、タイ古式マッサージも習ってるし、すぐにでも研修始めたいんで。次はいつ来れますか?次から研修に入りますね!」

採用決定。

まって

なんだか

めっちゃ怖いんですけど。

ハキハキしてる、タイ古式マッサージ習ったってのは接客業、技術としては関係あるけど、「スタイル良い」は仕事関係なくない??なんでそこ??必要???

不穏さを感じながらも怒涛の勢いに押され

「今は何も仕事してないんで、いつでも・・・。」

って言っちゃいました。

私のバカ。

そして研修は「明日の11時から」と即座に決められてしまうのでした。

そして翌日の研修が

「あなたの知らない世界」

だったのです。

続く。

投稿者プロフィール

curare
curare
柔道整復師資格取得
骨格や筋肉の付き方を考慮しながらラジオ波や高濃度酸素オイルを活用して、しなやかで健康的な美ボディ&美肌を徹底サポートします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP